背中に出来たシミの正しい消し方【男性必見】

背中は普段自分では見ることがないので気付きにくいのですが、意外とシミが出来ていたりするので、ふと鏡に映った自分の背中を見てガッカリするものです。

 


 

特に男性は普段から肌のケアなんてしない方がほとんどなので、シミも出来やすいです。
では、背中に出来たシミはどうすれば消せるのか?

 

 

背中に出来てしまったシミを自力で消すことは不可能です。完全に消したいのであれば、美容形成外科などで除去施術を行うことが一番です。でも、お金もかかるし、そこまでしてまで消さなくてもいい・・・というのであれば自力でケアして薄くする方法がいいかもしれません。

 

 

自力で薄くするには
飲み薬
美白化粧品
の二つの方法があります。

背中のシミに効く飲み薬

背中のシミに効く飲み薬で医療機関に通わずに手に入れられるものは第三類医薬品といわれるものです。
第三類医薬品とは、第一類医薬品、第二類医薬品に指定されている医薬品以外の医薬品で、作用・副作用などが緩和であり、安全性の高いものと位置付けられています。

 

 

自力で薄くするとなると飲み薬の場合、この第三類医薬品を服用することになるのですが、シミ用飲み薬は背中のシミにも効果あるのでしょうか?
顔だけに効くと思いがちな飲み薬ですが、実は全身のシミに効果があります。そのため飲み薬を用いたケアは、実は背中のシミにも効果的なのです。

 

 

ただし、第三類医薬品というのは安全性が高い分、効果も穏やかです。そのため、効果を実感出来るまでかなり時間がかかってしまうのですが、長期間継続して飲用していくことで、確実にシミを薄くすることは可能です。

 

背中のシミに効く美白化粧品

背中のシミはほとんどの場合が老人性色素斑なので、美白化粧品の効果を期待することが出来ます。飲み薬と同様継続的に使用することが重要です。

 

 

老人性色素斑というのは最も多いタイプのシミで、額や頬、こめかみなどにできやすく、紫外線の影響でできるため、日焼けシミとも呼ばれています。日焼けするほど増え、薄い茶色だったものが次第に濃くなっていきます。

 

 

そんな背中のシミをケアするのに顔用と同じ美白化粧品でも大丈夫なのでしょうか?
顔も背中も皮膚の分厚さは多少違えど同じ皮膚なので顔用の美白化粧品でも効果を実感することは出来ます。

 

 

ここで、ポイントとなるのがハイドロキノンという成分です。ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と言われるほどシミに効果的な成分で、メラノサイトの働きを抑え、メラニンの生成を抑制し、メラニンの色を薄くしてくれます。

 

 

必ずこのハイドロキノンが含まれている化粧品を選んで下さい。ちなみにおすすめはビーグレンです。トライアルセットもあるのでまずはトライアルセットで効果を試してみるといいですね。

 

 


 

 

頑固なシミを消すサイエンスコスメb.glen